薬剤師の業務|介護士や医療関係の求人を探す方法について解説【仕事内容を知ろう】

薬剤師の業務

白衣の人

薬剤師になるには

薬剤師は、調剤薬局・ドラッグストア・製薬会社・病院などさまざまな場所で活躍しています。薬剤師になるためには国家資格が取れる大学を卒業する必要があります。薬剤師になるためには6年制の課程を終えなければなりません。以前は他の学部と同じく4年制でしたが、平成18年4月の薬学部の入学者から6年制に決まりました。その分、薬剤師に求められるスキルが高まってきているのではないでしょうか。6年制課程を修了して薬剤師の求人を探している方は薬剤師専門サイトを利用して探しましょう。

専門サイトを活用しよう

薬剤師の専門求人サイトでは、薬剤師に特化した情報を発信してくれるので薬剤師を目指している人にとってとても便利なものです。地域から検索することができたり、高額求人案件から探すこともできます。また、これから薬剤師を目指す人向けの役立つ情報を発信してくれるのでぜひ活用してみてはいかがでしょうか。

調剤薬局で働く薬剤師

調剤薬局で勤務する薬剤師の主な業務内容は、調剤業務・服薬指導・薬歴管理に分けられます。患者さんがもらった医師からの処方箋に不備などが無いかチェックする業務になります。また、患者さんに対して服用方法や注意点などを分かりやすく説明する必要があります。患者さんとの関りが多い業務になるのでコミュニケーションスキルが求められています。

ドラックストアで働く薬剤師

ドラッグストアで勤務する薬剤師は、一般用医薬品の販売や相談業務を主に行ないます。ドラックぐストアの場合は、薬だけでなく、サプリメントや健康食品などの幅広い分野を扱うため、その分知識が必要になります。本人次第ではキャリアアップを図ることもでき、将来は店長やマネージャーとして勤務する薬剤師もいます。

薬剤師の違いを知ろう!

保険薬剤師

保険薬剤師は、「保険薬剤師の登録」が必要になります。医療保険を取り扱うためには、医療機関の保険の認定が必要になります。例えば、調剤薬局で働く薬剤師の場合は、保険薬剤師となります。

病院薬剤師

医療保険を取り扱わない薬剤師になります。保険薬剤師の登録が必要ありません。病院やクリニック内で働く薬剤師を指します。保険薬剤師の例外といった認識だと分かりやすいでしょう。

求人を探そう

このように、薬剤師の業務内容は多岐に渡ります。病院や薬局、ドラッグストアなど色々な場所で活躍しているのです。薬剤師の求人を探している方は、薬剤師専門の求人サイトを活用して検索すると便利です。自分に合った職場を選びましょう。

広告募集中